管理人くみこの日々もろもろのこと


by chagallsky
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

間空きましたが続きです

 レッスン終了後、馬の手入れをスタッフにお願いして先生からもう一度お話を聞いて今後の課題について再確認してもらったあと、先生はクラブを後にされました。前日7日にアメリカから帰国したばかりで時差ボケで眠いそうです^^;
 厩舎にシャガを見に行くとまだ、昼飼を食べていたので先に道具を片付けてからブラッシングをしに行きましたが、相当疲れていたらしく馬房での手入れを断固拒否されたためやむを得ず繋ぎ場に出してブラッシング開始。しかーし超ご機嫌斜めで私を噛もうとしたり、通りすがりの会員さんに八つ当たりしたりとかなり迷惑なやつでした。文句言う馬を無視してブラッシングを終わらせ後肢に厩舎用バンテージを巻いてから、持病の左後肢の膝にマッサージ剤をつけてマッサージしました。普段は嫌がるマッサージがすごく気持ちいいみたいなので、やっぱり相当疲れているのでしょう。頑張ったんだからご褒美もなくちゃね~と言うことで左右のトモにマッサージ剤を薄く塗りげんこつでぐりぐり押したりトントンと叩いたりしてじっくりマッサージしました。1時間近くやっていましたがその間シャガはボーっとして満足げに立っていました。マッサージして欲しい側の肢は力をぬいて軽く浮かせ蹄の先だけを床につけて反対側の肢に体重を乗せて協力してくれます。協力っていうより要求なのかも?そんな感じで右に行ったり左にいったりしていると大あくび連発で目がショボショボ眠くて眠くて半目閉じて、前肢の力が抜けて膝がカックンってなりかけてびっくりしていたり、平和そのものです。わかりやすい奴・・・
 「そんなにじっくりマッサージしてもらっていいなぁ。俺も誰かにやって欲しいな~」って近くに居た会員さんに言われてました。この台詞、10年ぐらい前にも言われたことがあります。当時はシャガではなくグレースでしたが彼女も左後肢に疲れが出やすく、毎回マッサージしていました。
 シャガールスキーは本当は甘ったれで常に人に構って欲しいタイプです。私があまり乗りにいかないので寂しいと思ってるでしょうね。クラブのスタッフでも馬房の中では体に触らせないのに、私にはブラシかけも尻尾の手入れもさせてくれます。真後ろに立っても大丈夫です(ちょっと恐いけど。。。^^;)そのぐらい信用し受け入れてくれているのに私はダメな飼い主ですね。スタッフにも「乗らなくてもいいから来てシャガと遊んであげてね。くみこといるときが一番穏やかで落ち着いた表情をしてる。来ないかなぁっていつも待ってるんだと思うよ。」って言われてしまいました。反省><。がんばってこまめに行くようにしたいと思います。

 レッスンから3日経ちやっと疲れが取れてきました。でも、左腕が異様にだるいです^^;やっぱりトレーニングしなければ・・・
[PR]
by chagallsky | 2007-04-12 00:11 | 馬のこと