管理人くみこの日々もろもろのこと


by chagallsky
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今週も乗りに行ってきました

 今日も仕事が終わった後にシャガに会いに行ってきました。今日もまたホボサンの下乗りででも、先週よりは素直で馴致は比較的早く終わりました。ホボサンが乗ったあとにミッチャンにも乗ってもらい入念に下乗りしてもらった後に私が乗りました。まったく手間のかかる馬・・・って言うか手間のかかる客です。今日も蹄跡をきちんと周れました。これってすごいことです。いままでシャガで蹄跡いっぱいを周れたことってほとんどありません。シャガの怖がっている雑木林側はいつも内回りしなければ驚いてじたばたして乗っていられないのです。特に駈歩では出来ませんでした。今日は両方の手前で駈足でも何とか蹄跡を通ることが出来ました。右手前はともかくシャガの苦手な左手前はイレギュラーが出てしまいますが、どうにか通ることが出来たので今日のところは良しとしましょう。今日はひたすら林側の蹄跡を通すことに集中したレッスンでした。林側以外のところはとても落ち着いていて穏やかな動きなので安心して乗っていられます。馬が怖がるところは膝を締めて馬に強く働きかけをして意識を私に向けさせる必要があるのですが、中々うまくいきません。左手前で一度怖がって膠着し強い脚で前に出そうとしたらバタバタと後引きしちょっと困りましたが、その後はどうにかとまらず逃がさず通れました。でも、通れただけです。馬の動きがジタバタとイレギュラーしてしまい、まったくきれいでもスムーズでもありません。林側に入るところで膝を締めて馬に注意を促すのですが、そのときに少し足を突っ張ってしまうようで、上体が浮いてしまっています。上体が浮くことにより坐骨に体重がかからなくなってしまい、馬への働きかけは弱まってしまう上にバランスも悪くなり、馬も落ち着いていられなくなってしまいます。これは馬が怖がる場所に来るため「怖がったらどうしよう、跳ねたらやだな。」と私自身が怖がってしまうことに原因があると思います。来週の課題は「上体を浮かせずどっかり坐骨に体重をかけたまま膝を締める」ということになります。林側を通過した後はリラックスするので私も働きかけを弱くして馬を開放したら、失敗しリラックスしすぎて失速し速歩になってしまいました^^;しかも2回も・・・もちろん2回目は厳しく注意されます。「どうして同じこと繰り返すんだ!集中しろ!失敗から学ばなければ進歩はないぞ!」今日は2回だけの失敗でしたが同じことを3回やったら「バカヤロー!」と檄が飛びます。これでもホボサン丸くなったほうなんですよ・・・(笑)

 先週は駈歩では右手前のみのレッスンでした。今週は左手前でも駈歩で蹄跡を通過しました。「来週は左手前の駈歩でイレギュラーを出さないように乗りなさい」だそうです。でも、左手前でイレギュラー出さないというのはかなり難しいです。ホボサンが言うにはホボサンが乗っているときには馬が人に判断を委ねて、ひたすら指示に従うことに集中しているから怖がってバタバタしたりしないのだそうです。でも、ミッチャンや私が乗ると馬が自分で判断するから「怖い」という行動が表にでてきてしまうのだとのこと。「馬が無視できないような存在感のある乗り手になる。この人に従っていれば何も問題はないという信用を得られる心技体を兼ね備えた乗り手になる。」これがシャガに怖い怖いとバタバタさせない唯一の方法と言っていいと思います。でも、それって馬術における究極の目標であり永遠のテーマともいえるものです。私には無理かもしれない・・・^^;でも、めげずに目指しちゃうのですよね。そしてタイムアウトのときが来るのです。シャガももう17歳、人間で言ったら60歳近いおじさんです。がんばらねば・・・
[PR]
by chagallsky | 2007-09-20 00:11 | 馬のこと