管理人くみこの日々もろもろのこと


by chagallsky
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

18 卵黄石けん  19 卵白石けん

 今日は珍しく一気に2バッチ作りました。理由は・・・卵石けんを作りたかったのです。でも、ネットで見る限り皆さん卵黄のみを使い卵白は石けんにはしてない様子。なぜ卵白は石けんにしないのか?という単純な疑問を解消すべく実際に作ってみたかったのです。最初に作ったのが18バッチ目となる卵黄石けん、次が卵白石けんです。

18 卵黄石けん バッチサイズ300g

ポマスオリーブオイル   150g
ココナッツオイル       60g
ラード              45g
キャスターオイル       15g
シアバター           30g

卵黄      1個分
水        90g
苛性ソーダ  41g(約8%ディスカウント)

ココナツオイルとキャスターオイルを入れた中にシアバターとラードをいれ湯煎にかけて溶かしました。その後オリーブオイルをいれ温度を40度に調節、卵黄を茶漉しで漉して入れました。無事に卵黄はかき卵になることなくオイルに馴染んでくれました。いい加減な私としては珍しくオイルの温度をきっちり測りましたよ^^;その後、苛性ソーダ水を40度まで冷まして攪拌開始です。ポマスオリーブを使っているのでトレースは早いです。20分しっかりぐるぐるしてその後は少しゆっくり目にぐるぐる・・・10分混ぜたところで型入れできる状態になりました。とっとと型入れして温度上がりすぎが怖いのでとりあえず保温せずに部屋に放置(もちろん犬がいたずらできない場所にです)。

19 卵白石けん  バッチサイズ300g

ポマスオリーブオイル   150g
ココナッツオイル       60g
ラード              45g
キャスターオイル       15g
シアバター           30g

卵白      1個分
水        90g
苛性ソーダ  41g(約8%ディスカウント)

先ほどと同じくすべてのオイルを混ぜて溶かし40度に調整してから卵白投入しました。しかし、ここで失敗。濃厚卵白の部分をゆるくするためフォークでかき混ぜてから入れたのですが横着して茶漉しで漉さずにそのまま入れたのです。見事にあわ立っている卵白のおかげでカプチーノ状態^^;しばらくしたら泡もつぶれるだろうと思い直し少しかき混ぜたりしながら苛性ソーダ水を40度まで冷ましました。まだ、泡は残っているのですがそのまま攪拌開始。20分間しっかりぐるぐるしましたが卵黄のときよりも反応が遅くオイルがまだゆるいままです。でも、無事に卵白の泡は消えきれいな石鹸生地になりました。そのまませっせとかき混ぜそれでも20分後には型入れできる状態になりました。型に流しやはり室温に放置です。 2時間後に見ると両方とも固まり始めており温度は上がっていない様子だったので保温箱のふたを閉めています。

d0104851_19730100.jpg

   これがオイルにオプションを混ぜたときの色合いです。右の卵白の泡見えますかね。

d0104851_1983489.jpg

   そしてこれが型入れ直前の色合いです。やっぱりかなり違いますね~

9月30日 夜少し冷蔵庫で固まらせてから型をはがしました。卵白石けんの方は中心部のみジェル化下と思われます。なんとなく緑色がかった白。卵黄石けんは型出ししたものの型がベタベタとオイルが残っている感じです。ノンジェル化だったこともありまだ反応が進みきっていないのかもしれません。冷蔵庫へ入れたのは大失敗かも?熟成期間を長く取れば問題ないはずですが・・・色はきれいなクリーム色です。
[PR]
by chagallsky | 2007-09-29 19:10 | 石鹸のこと