管理人くみこの日々もろもろのこと


by chagallsky
カレンダー

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

17日に作った石けんはディスカウント10%のつもりでしたがなんとDC14%になっていました。どうしてこんなことになったのやら・・・それに気がついたのはスタンプを押してしまった後のことなので石けんにはバッチリ10と押してしまいました。ショックだ~

ということで気を取り直して今度こそ本当にディスカウント10%のマルセイユ石けんを仕込みました。

No.37  DC10%マルセイユ石けん  バッチサイズ500g

オリーブオイル   360g
ココナッツオイル   70g
パームオイル     70g

苛性ソーダ   65g
精製水     150g

ローズクレイ  3g


オイルと苛性ソーダ水が48度にそろったところでグルグル開始しました。20分間はきっちりせっせと混ぜその後は様子を見ながら湯煎にかけたりグルグルしたり、放置したりで型入れまでは約3時間ほどかかりました。前回よりディスカウント少ないのに高い温度であわせたのに型入れまでは今日のほうが時間かかりました・・・今回もマーブルに挑戦しました。色タネを少し多めにしてボウルを型になるべく近づけて一気にどばーっと流してみました。どんな模様になったのかカットが楽しみです~^^
[PR]
by chagallsky | 2008-02-24 22:53 | 石鹸のこと
 今日は2頭ともピーチブロッサムさんの石けん講座第3回目でTさんが作ったワンコ石けんでシャンプーしました。どうして自分が作ったもので洗わなかったのかといいますと3つの石けんをミラに見せたところ1番気に入ったのがTさんのものだったのです。カモミールとスイートオレンジで香りをつけレッドクレイでマーブル模様にした石けんです。ミラは乾燥肌なので軽く1度洗いしました。気に入った香りのものを使ったためかとても大人しく洗わせてくれて、本当にシャンプーが楽になりました。これも石けんの効果なのかなぁ。乾かした後はツヤツヤ、スベスベになりました。ミラに続いてピピのシャンプーですが、ピピはだいぶ汚れが目立つようになっていまして見事に「本当は白いけど茶色い犬」になっちゃってましたので、しっかり2度洗いしました。乾かすと毛がしなやかで柔らかくなり、元通り(笑)真っ白な色になりました。よかった~そしてびっくりしたのはストーブに当たっていて熱でゴワゴワしていた背中の真ん中の部分までしなやかになっていたことです。あんなに硬くゴワゴワしてたのに・・やっぱり里見先生の石けんはすごいです。
[PR]
by chagallsky | 2008-02-23 22:08 | 犬のこと
16,17日に作った2つの石けんをカットしました。シアオリーブはかなり気泡が入ってしまっていてブツブツがとても目立ちます。 そして、DC10%マルセイユ石けんですが5%のときと同じ日程でカットしましたがかなり柔らかかったです。DC15%、20%のものはカットまでに相当な時間がかかることが予想されます。そして、マーブル模様のほうですが・・・
d0104851_0264525.jpg

なんだかとてもおどろおどろしいマーブルになっていました^^;今回はトレースがゆるめだったことと上のほうから細く流していったためだと思います。もう少し型の近くからぼてっと落とすように型入れするとまた違う雰囲気になったんじゃないかと思います。
 私が石けんをカットしている間暇だったピピはこんな格好で寝ていました。
d0104851_0292879.jpg

いかにも腰が痛くなりそうな体勢です・・・
[PR]
by chagallsky | 2008-02-22 00:29 | 石鹸のこと
 2日続けての石けん作りです。今日はディスカウントについての実験の2つ目ディスカウント10%のマルセイユ石けんです。

2月25日追記 重大なミスがありました。再計算したところ苛性ソーダ62gですとディスカウントは約14%でした・・・というわけで名前はDC14%マルセイユ石けんとなります。

No.36 DC10%DC14%マルセイユ石けん バッチサイズ500g

オリーブオイル   360g(72%)
ココナッツオイル   70g(14%)
パームオイル     70g(14%)

精製水    150g
苛性ソーダ  62g(約10%14%ディスカウント)
ローズクレイ  3g


オイルと苛性ソーダ水が44度でそろったので攪拌開始です。20分間はとにかく頑張ってグルグルしました。その後は例によって使い終わったものを片付けたり、型の準備をしたりしながら放置しました。でも、湯煎をした後20分間またせっせとグルグルしました。それでも、トレースはでませんので再び放置。冷えてしまったので再び湯煎してグルグル・・・今日はマーブルにするつもりだったので慎重に様子を見ながら色タネをとりわけ、ダマにならないように混ぜてからもとのボウルに戻しましたが、ちょっとトレースがゆるかったようで戻した色タネはほとんど沈んでしまいました。泡だて器で1回だけ軽く切るように混ぜて型に流しました。後はカットしてからのお楽しみです。
 タネを流し込んだ型を母に見せたら「きれいなマーブルね。この茶色いのはなに?」ですと・・・「ローズクレイだよ。いちおうローズピンクのクレイなんだけど・・・」「ふーん」私としては結構きれいな色が出たと思ったんだけど^^;

 11日に作ったDC5%マルセイユを昨日カットしまして、今日日付スタンプを押しました。冬で寒いせいか石けんが硬くなるのが早くて今日スタンプ押すのにちょうどいいぐらいになっていました。スタンプを押すタイミングって難しいですよね。私のはゴムのスタンプなので固くなりすぎると押せなくなってしまいますし・・・
[PR]
by chagallsky | 2008-02-17 23:15 | 石鹸のこと
 16日はとりあえず、長期熟成用のシアオリーブ石けんを作ってみました。泡が立たないのはやっぱり使いにくいのでミリスチン酸を5%入れてみました。

No.35 シアオリーブ石けん バッチサイズ300g

オリーブオイル   230g(約77%)
シアバター      55g(約18%)
ミリスチン酸     15g(5%)

精製水    100g
苛性ソーダ  32g(約10%ディスカウント)


オイルと苛性ソーダ水が48度になったので攪拌開始。苛性ソーダ水を入れるそばからもったりした感触になっていきます。とりあえず全体が均一に混ざるとすでに型入れ直前という感じの重さになっています。ミリスチン酸の効果なんでしょうね・・・気泡が入らないように気をつけながらグルグルを続けます。15分混ぜたところでかなりもったりしてしまったので型入れしてしまいました。今日は丸い筒状の型に流しました。今回は底面にもちゃんと中敷を敷いてワセリンを塗ったのでちゃんと型出し出来るはずです^^;
[PR]
by chagallsky | 2008-02-16 23:05 | 石鹸のこと

ふてくされピピ

 今朝、ピピはまたミラにガガガと怒られました。何をしたのかといいますと・・・

ミラが机の上にあったおにぎりを取ろうとしていたところを私に見つかって「コラ!」と怒られたのです。急いでゴロンとお腹を見せて「ゴメンナサイ」を言ったミラの上をまたぐように歩いて私のところへ来ようとしたピピ^^;ピピにお腹見せるなんて絶対納得のいかないミラはブチキレモードでがばっと飛び起きてガゥガゥガゥと飛び掛っていきました。あまりの剣幕にピピはきゃーぅと鳴きながらお腹を見せて降参してました。。。ピピはものすごく不満そうにファンヒーターの前に戻りましたが、これは怒られても仕方ないと思うのよね。お腹の上をまたごうなんて犬としてどうかと・・・
 ミラは最近、本気でかかっていけばピピに勝てるということがわかったらしく少し自信が付いてきたみたいです。それと同時に以前よりもピピが傍に来ても嫌がらなくなりましたし、自分からピピに近づくことも多くなりました。でも、ピピは少し不満そうです。ミラに負けることが不満というよりも気を使わなくちゃいけないのが面倒くさいという不満のように思えるのですが・・・^^;
d0104851_21594190.jpg

   後ろ足の投げ出し具合がふてくされ感を演出しています・・・(笑)
[PR]
by chagallsky | 2008-02-15 22:04 | 犬のこと

名コンビ

 今朝は母が出かけたので妹が出かけるときに私の部屋をノックして出て行きました。ミラは布団の中でウトウトしてたのですが、その音に飛び出して番犬活動開始です。吠えるミラをのんびり眺めていたピピはササッとミラがいた布団へもぐりこみました。ひとしきり吠えて満足して「さあ、寝るかぁ」と意気揚々と引き上げてきたミラが布団に入ろうとするとそこにはピピが・・・「げ!取られてる・・・」としょんぼりするミラと知らん振りでヌクヌクしているピピ。ふぅぅとため息をつきつつミラが渋々別の場所にもぐり込むのを見ながら、いいコンビだなぁとしみじみ思ったのでした。


 DC5%のマルセイユ石けんはスムーズに型出しできました。あと2,3日乾燥させてからカットの予定です。ジェル化はしていないようですがソーダ灰が付くことも無くいまのところいい感じです。
[PR]
by chagallsky | 2008-02-14 21:29 | 犬のこと

怪しい物音?

 昨日の夜は風か強かったですね。おかげで今日の富士山はとてもきれいに見えました。空気が澄んでいると富士山がとても近くにあるようにみえるんです。不思議です。ピピは昨日の風で木がザワザワする音が怪しげに聞こえたらしく、珍しく「ワン!」と吠えました。吠えたのは一声だけですがその後もしきりに辺りを警戒していました。一方のミラは風などまったく気にする様子は無くグウグウ寝ていました。ミラが吠えているとピピは大急ぎで走って見に行きます。「ナニナニ?何があるの~?」とミラが気にしているほうを見るんですが、何が怪しいのかさっぱりわからず「???」と首をかしげて考えていることがほとんどです^^;怪しいと思う対象もまったく違っていて本当におもしろいです。
[PR]
by chagallsky | 2008-02-13 22:59 | 犬のこと
 11日はずっと気になっていたディスカウントについての実験を始めました。ディスカウントっていままでなんとなく10%前後にしていましたが、なぜDC10%がこれほど支持されるのか納得して作っているわけではありませんでした。なのでディスカウントにより石けんの使い心地はどのように変化するのか試してみることにしました。オイル配合もオプションも同じにしてディスカウントだけを5%、10%、15%、20%と4種類作ってみようと思います。オイルはシンプルにマルセイユ配合でオプションはローズクレイにしました。

No.34 DC5%マルセイユ石けん バッチサイズ500g

オリーブオイル   360g
ココナッツオイル   70g
パームオイル     70g

苛性ソーダ   67g(ディスカウント5%)
精製水     150g
ローズクレイ   3g

オイル、苛性ソーダ水を45度にあわせて攪拌開始しました。20分間はせっせと混ぜその後は型の準備をしたり使い終わったものを片付けたりメールチェックをしたりしながら放置、10分おきぐらいに様子を見て途中1回湯煎で40度まで暖めました。型入れまでは約1時間30分でした。今回はクレイは全体に混ぜ込みました。あとの3種類はマーブルやレイヤーなどの模様をつけようと思います。全体的にすんなりおわりました。色は淡い感じのローズピンクで気に入りました^^


ディスカウントの実験が終わったらココナッツの配合量とパームの配合量についても実験してみようと思います。
[PR]
by chagallsky | 2008-02-11 22:43 | 石鹸のこと
 この日はピーチブロッサムさんで行われている石けん教室の5回目でした。私のほかにはTさんが来ていまして、Oさんは都合が悪く別の日に受講されるそうです。内容は愛犬にあわせたオリジナルレシピの石けんを作る、です。私はミラに照準を合わせ乾燥肌で敏感な感染を起こしやすい犬向きに考えてみました。ベースにつかったのはグレープシード油、太白ごま油、ココナッツ油、パーム油、ひまし油でスーパーファットとして月見草油とホホバ油、オプションはミリスチン酸、オートミール、レッドクレイ、ROEでエッセンシャルオイルは使いませんでした。2人のレシピが決まったらさっそく作成です。
 すべてのオイルを溶かして混ぜ、苛性ソーダ水と温度をあわせて44度になったところでグルグル開始しました。脂肪酸を使っていてトレースの早いごま油とひまし油を使っているのでトレースはあっという間。とりあえず10分間混ぜたところでスーパーファットにROEを混ぜたものを投入しました。するとあっという間にクリーム色だったタネが茶色っぽく変化していきます。全体をよくかき混ぜると少し落ち着きましたけれどほんのりピンク色になっています。うーん、先生もびっくりの色変化でした。オプションのレッドクレイは全体に混ぜ込んでしまう予定でしたが、この種の色が石けんになったときにどうなるのかどうしても気になり「マーブルにしてみます?」の先生の一言で急遽マーブルにしてベースの色を残すことにしました。色タネ用に分けてから残りの部分にオートミールを混ぜ、色タネをボウルに戻してから型へ流しました。色タネが少しゆるくて偏った気もするけどそれはそれできっといい模様になってくれるでしょう(と都合のいい解釈^^;)私のほうはすんなり型入れまでいったのですがTさんはなかなかトレースが出ずに苦労していました。手で1時間弱混ぜたところで先生のブレンダー初登場です。ブィィ~ンとするとあっという間に色が変わり本当にブレンダーの周りだけ反応が進んでいます。ブィィ~ン+グルグルで様子見、を3回繰り返してやっと型入れまで行きました。ブレンダーを使うと本当にあっという間です。
 石けん作りがスムーズに終わったので少し時間に余裕があり、先生の精油コレクションを見せていただき、あれこれ嗅ぎまくりました。ローズゼラニウムとゼラニウムの嗅ぎ比べとか冷圧搾ライムと蒸留法ライムの嗅ぎ比べとか普段出来ないことなので楽しかったです。そして先生一押しのガルバナムも嗅がせてもらいました。先生が言うには「古代の森の奥深くに分け入ったような香り」とのことです。屋久島や青樹ヶ原樹海、白神山地のようなイメージでしょうか・・・私の感想はというと「ピーマンとにんじんの野菜炒めの匂い」です(爆)小学校の調理実習の思い出、みたいなイメージ。即座に「ロマンチックじゃなーい!」と先生からダメだしされました(当然)Tさんの感想は「草むしりしたときの匂い」だそうです。つまりちょっと湿った草と土の香りの精油なのです。同じ香りを嗅いでも表現方法は人それぞれ・・・香りって難しいですよね(笑)
[PR]
by chagallsky | 2008-02-10 21:15 | 石鹸のこと