管理人くみこの日々もろもろのこと


by chagallsky
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

診察に行きました

29日土曜日のことです。

d0104851_125662.jpg

29日の写真ではありません。

ピピの首の傷の状態はかなり良くなっていて水曜日からガーゼを当てておかなくてもよくなっていました。このまま安定してくれるといいなあと思ってはいましたが、そうそう簡単には行ってくれません。29日の午前中からまた液の滲出が始まりました。午後になって私が仕事から帰ってきて一度ガーゼを変えました。夕方6時ごろに診察に行きました。
 ピピを先に見てもらったのですが、「傷は大きくなっていないようですし、抗生剤も40日飲んでいますからいったん休薬して様子を観ましょう。心音に関しては相変わらずというところですね。悪いほうに入っていないと思います。」とのことでした。ミラは「心音はすごくいいですね。安定しているみたいです。目も相変わらずですので同じ薬を続けましょう。」と診察は順調に終わったのでした。ところが・・・!
 今、お薬を準備しますのでこちらでお待ちくださいね。と奥の部屋に通されました。その部屋に入った途端。先生が「あらー。血が出てる。ピピちゃん、急にどうしたの?」と言うではないですか。振り向くと床に点々と血が垂れています・・・出血はピピの首の傷からでした。急いで診察台にあげて傷を確認してとりあえず、ペーパーで押さえながらおさまるのを待ちました。先生が言うには「詰まっていた血餅が抜けて中にたまっていた血液が出ているだけだと思います。これはもう仕方ないので出るだけ出してしまったほうがいいでしょうね出なければ中にたまるだけなので。」だそうです。しばらく様子を見て、落ち着いたところで周りの毛をバリカンで刈っていただき、再度傷の確認をしてからまた、ガーゼを当てて帰ってきました。
 いままで、こんなにたくさん一気に血が出たことはなかったのですが・・・3日以上溜まっていたので其の分派手に出ただけということなんでしょうね。それにしても、出血したのが病院にいる時でよかったです。家にいるときにこれだけ出血したらかなり焦りますしねぇ。
[PR]
by chagallsky | 2013-06-29 23:34 | ピピの病状

アニコミ:ピピ編

そして、ピピ編です。

d0104851_22351980.jpg


挨拶:
ぴっぴ「はじめまして、ぴっぴと言います。今日はくみこさんから質問を預かってきたんだ。よろしくね♪」
ピピちゃん「どうぞよろしく〜♪」
おっとりした雰囲気で、ニコニコしていました。

*ピピちゃんは、くみこさんをお姉ちゃんと呼んでいました。
  ↑ミラとは違う呼び方なんだ・・

質問① 体の調子はどうですか?つらいところはありますか?
ピ「首のところが痛がゆいの。体がだるいこともあるけど、今はまあ平気かな〜」

*年齢的な体の変化と受け止めています。
ピピちゃんのハイヤーセルフさんに体調の確認をしました。
首・心臓ともに遺伝的なもので、生まれたときからわずかな奇形がありました。若い頃は、気になるような症状が出なかったけれど、年齢を重ねて徐々に問題が表面化したので、完治は難しいです。現状維持を心がけてください。
誰でも年を取るとあちこち変化してくるものです。自然なことなので、心配し過ぎないようにしてください。
また、現在の体調をネガティブなものと受け止めないでください。これもピピちゃんの個性です。
ハイヤーセルフさんからのアドバイスは以上です。
  ↑なるほど。ハイヤーセルフさんからのアドバイスは私の考え方と完全に一致しています。もともと、病気は個性と考えていましたし、心臓も首も完治するとは思っていませんでしたので。現状維持に努めます。

質問② 好きな食べ物はなんですか?
ピ「なんでも好きよ♪ ちゃんとご飯もらってるから、すごく感謝してるわ〜」
  ↑ほんとか~?(笑)結構、好き嫌いありそうですが・・・

*お腹が減って、辛い思いをしたことがあるようです。
そのため、毎日ちゃんとご飯がもらえることにとっても感謝しています。
  ↑確かに、食べ物に困った経験がありそうな感じがしています。そして、それは放浪生活だったのではないかとも思います。なにしろ公園の鳩を狙うピピは完全に野生動物の気配がしますので・・・おそらくは好き嫌いを言っていられる現状に感謝しているので、多少嫌いな食べ物を出されたとしても気にならないということなのでしょう。

質問③ どこか行きたいところ、やりたいことはありますか?
ピ「ミラが言ってたけど、山の上に行って景色を眺めてみたいわ〜。どんな風に見えるのかしら」

*展望台のような見晴らしの良い場所があると良いのですが・・・どうでしょう? また、ワンコさんの場合、景色を眺める=ニオイ嗅ぎという可能性もあります。人間の「眺める」という感じとはちょっと違うかもしれません。
  ↑あなたもですか・・・^^;これはピピが主体的にそう思っているのではなく、ミラが行ってみたいところなら自分も行きたい、というだけのような気がします。ピピは、ミラが遊んでいるおもちゃは楽しそう、ミラが座っているところはいい場所、ミラが食べているものはいいもの、と思っているようなところがありますので。

質問④ ピピ(ミラ)のことをどう思っていますか?
ピ「ミラは優しくしてくれるから、本当に感謝しているわ。いつも”ごめんね、ありがとう”と言っているのよ」
  ↑ごめんね、なのですね。ピピは自分があとから来たもらわれっ子だということを自覚していて、それでも受け入れてくれることに感謝しているのでしょうね。来た時から、どんなにミラに吠えられても言い返さずじっと耐えていましたし本当に我慢強い子です。

質問⑤ 私たち家族に言いたいことはありますか?
ピ「皆やさしくしてくれるから、本当に嬉しいわ。大切にしてくれてありがとう。このお家のコになれて、わたしってとってもラッキーね。本当に、本当にありがとう」
ぴ「じゃあ、皆に伝えておくね」
ピ「よろしくね、ありがとう」

*家族全員に対する愛情が伝わってきました。
  ↑私たちもピピみたいないい子がうちに来てくれて本当に良かったと思ってます。うちの子になってくれてありがとう。

アニコミは以上です。

 ミラの答えはいかにも苦労知らずのお坊ちゃまという感じですね。好きな食べ物がおかきとか、山登りがしてみたいとか、いつまでもやんちゃなおじいちゃんです(笑)好奇心旺盛で向上心があるのかなとも思います。
 それに対してピピはすごく優等生的な答えのように見えます。このアニコミだけを見ると幸薄い保護犬という感じですが、実際のピピはドジでおっちょこちょいで、細かいことは気にしない明るく能天気でいつもニコニコなおばあちゃんです。現状に満足し、感謝しているのでこれ以上求めることはないし(もちろんおいしいものと楽しいことは大歓迎ですけど)、余裕があるからこそドジで能天気でいられるんだろうと思うとやっぱり相当苦労したんでしょうね。
 お互いのことをどう思ってるか?という質問に対して、ミラ→ピピ「大事にしたいと思っている」ピピ→ミラ「感謝している」との答えからはこの2匹の間に明確な順位はなさそうに見えますね。お兄ちゃん、お姉ちゃんではなくお互いを認め尊重しあう同居犬という感じ。ルームメイトって感じでしょうか。おもしろいですね。実際の行動ではピピが一歩引いてミラに譲っていることが多いです。おやつをもらうのもミラが先、私が仕事から帰ってきたらお帰りのスリスリをするのもミラが先。ピピは少し後ろでお座りをしてミラが終わるのを待っています。このあたりが「ごめんね、ありがとう」なんでしょうね。いろいろ納得できることがたくさんありました。アニマルコミュニケーションをやっていただいて本当によかったです。
 ぴっぴさんありがとうございました。
[PR]
by chagallsky | 2013-06-28 23:23 | 犬のこと

アニコミ:ミラ編

まずはミラのアニコミから載せますね。 赤文字部分が私の感想です。

d0104851_0181860.jpg


挨拶:
ぴっぴ「はじめまして、ぴっぴと言います。今日はくみこさんから質問を預かってきたんだ。よろしくね♪」
ミラくん「うん、いいよ〜。よろしくね」
にっこり笑って迎えてくれました。

*ミラくんは、くみこさんをママと呼んでいました。
  ↑ ママだよ~と名乗った記憶はありませんが、ママなんですね^^;

質問① 体の調子はどうですか?つらいところはありますか?
ミ「前はゼーゼー胸が苦しかったけど、今は平気になった。大丈夫だよ」

*以下、体調をミラくんのハイヤーセルフさん(=高次元のミラくん、魂そのもの)に確認しました。
皮膚の症状・・・腸内環境を整えると症状が改善します。穀物(小麦粉も)は腸に負担がかかるので、避けてください。乳酸菌のサプリ+生野菜&果物のスムージーをご飯にトッピングしてください。乳酸菌はヨーグルトよりもサプリで取った方が腸に負担がかかりません。
オヤツはあまりあげない方が良いです。あげるなら、手作りのジャーキーや、キュウリのカケラぐらいにしてください。
煙草は、ミラくんの体にとってすごく悪い影響があります。これは体質的なものです。煙草の煙は極力避けるようにしてください。
ハイヤーセルフさんからのアドバイスは以上です。
  ↑さすがハイヤーセルフさんよくご存知ですね。私はよくグリーンスムージーを作って飲んでいます。それをミラにトッピングすればいいんですね。そして、キュウリのかけらはおやつの定番です(笑)穀類を多く食べると目の濁りが強くなったり、胃の調子が悪くなったりするので何となく合わないんだろうと思ってましたけどやっぱりそうなんですね。そして、父は煙草を吸っていました。今は禁煙したので大丈夫だと思いますが、以前は父が煙草に火をつけたとたんにゲホゲホとすごい勢いでむせていました。それで父はホタル族になったわけですが・・・・

質問② 好きな食べ物はなんですか?
ミ「おかき!」(←おしょうゆ味です( ̄_ ̄ i))
ぴ「ん?つまみ食いしたの?」
ミ「怒られちゃったけど、おいしかった!」

*ミラくんからは、普段のご飯は体に良いんだろうけど、ちょっと面白味に欠ける、という気持ちが伝わってきました。
  ↑あっはっは。おかきですかー。うんうん、しょうゆおかきはおいしいよね。でも、しょうゆ味のワンコおかきはないからムリですね(笑)ミラは過去に様々なものをつまみ食いしてます。かっぱえびせん、柿の種、フライドチキン、メロンパン、ポテトチップス、チョコレート、クッキー、磯部餅、おにぎり、かにかまぼこ、などなど。おかき>フライドチキンなのね~ご飯に面白味を加えるってなんだろう。トッピングで変化をつければいいのかな。

質問③ どこか行きたいところ、やりたいことはありますか?
ミ「山登り!」

*行ったことが無いから、行ってみたいという感じのようです。
山が近所にありますか?行ってみたいと思っているようです。
低い山でも、見晴らしが良ければ満足してくれると思います。
  ↑そう来ましたか。この答えは予想外でした。行ったことのある場所でもう一度行きたいところとか、こういう場所が好きというようなパターンかと思っていましたが、行ったことがないので行ってみたいとは・・・おそらくですが、私の両親が若いころ登山を趣味にしていましてその流れで「ザグレートサミッツ」シリーズとか日本百名山のような登山番組をよく見るのです。で、「この山はどーだった」とか「この山小屋も昔はもっとこーだった」などと懐かしげに楽しげに話すので、きっと山登りは楽しいに違いないと思ったのでしょうね。そんな本格的な山登りは犬連れでは無理ですし、まあ、犬がいなくても無理ですけど。東京都世田谷区では山らしきものはありませんね。前方後円墳ならありますが。

質問④ ピピのことをどう思っていますか?
ミ「大事にしてあげたいと思ってるよ。体が大変そうだし。ピピはボクにも優しいから好きだよ」
  ↑最近、ほんとにピピにやさしくなったよね。ピピが入院してしばらくは明らかに動揺してましたし。(これは、面会に行ってピピに会わせたら納得したみたいで落ち着きました)

質問⑤ 私たち家族に言いたいことはありますか?
ミ「皆いつも考えてることがバラバラだから、もっとちゃんとお話した方が良いよ。せっかく一緒に暮らしてるんだから、もっと仲良くしなよ〜」
ぴ「そっか、伝えておくね。じゃあ、どうもありがとう!」
ミ「ありがと、じゃーねー!」
  ↑もっと仲良くしなよって(笑)仲悪そうに見えるのかぁ。まあ、ちゃんとお話ししてみようと思います。

アニコミはここまでです。犬って本当に家族をよく見ていろいろ考えているんですねぇ。山登り・・・考えておきます。
[PR]
by chagallsky | 2013-06-28 00:53 | 犬のこと
先日、アニマルコミュニケーターのぴっぴさんにミラ、ピピとのアニマルコミュニケーションをしてもらいました。
 わたしはもともと犬は人の言葉がわかるので、アニマルコミュニケーションは必要ないと思っていました。必要なことはじっくり話して聞かせればわかると思っていますし、彼らがいま何を考えてどう思っているかはかなりわかる(ような気がする)からです。現実的に、問題行動は「なぜ、これをやってはいけないか」をしっかり話して聞かせれば解決していますし、不自由を感じていませんでした。
 ところが偶然ぴっぴさんのブログにたどり着いたところ、なんか気になるのですね。アニコミしたいとも思っていないし、犬に聞きたいこともあまりないのに、です。個人的に「必要なこと」は本当に必要な時に巡り合うものだと考えているので思い切って申し込んでみることにしました。私はメールでお願いしました。犬への質問とその質問にかかわる状況説明等をメールで送り、ぴっぴさんの都合のいい時間に犬と話をしていただき、メールで報告をいただけるというやり方です。
 わたしがお願いした質問は
①体の具合はどうですか?
②好きな食べ物はなんですか?
③なにかやりたいこと、行きたいところはありますか?
④ミラ(ピピ)のことをどう思っていますか?
⑤私たち家族に言いたいことはありますか?
というものです。次回犬たちからの回答を載せたいと思います。
[PR]
by chagallsky | 2013-06-27 22:51 | 犬のこと

ピピの現在

ピピはその後、5月13日に傷が自壊し、内容液が出てきました。抗生剤の内服を続けながら傷口から直接肉芽の生成を促進する薬剤を注入していました。5月22日水曜日にほぼ傷がよくなったので退院。
 しかし今日現在まで、傷がふさがることはなく毎日、血液の混ざった液体が染み出ています。対処はガーゼを当ててチューブ包帯でおさえるというシンプルなものだけです。抗生剤は内服を続けています。

 最近、急に状態が落ちてきました。といっても加齢の範囲内だとは思いますが、動きも鈍くなりましたし。ゆっくりゆったりした時間を過ごせるようにしてあげたいです。
[PR]
by chagallsky | 2013-06-24 21:28 | ピピの病状