<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

快調です

本日は週に一度の検査の日です。
赤血球は275、白血球は測定不能でした。測定不能と言っても多すぎて測定できない訳ではなくて、血球成分を検出できなかったのではないか?とのことでした。データがほぼ横ばいなので、薬は引き続き、ステロイド、抗生剤、心臓の薬2種です。体重は5.35kgで少し減りました。ただ、今日からドライフードが食べられるようになり、夜は40gしっかりがっついてました。この調子で食べられると安心なんですが。
d0104851_2327166.jpg

布団を枕に立ったまま寝るピピです。時々足がカックンてなってましたが電気を消すまで意地張って立ったままでした。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-28 23:13 | ピピの病状

遣らずのピピ

d0104851_105995.jpg

ブー

今朝ピピはご飯を食べませんでした。薬は飲ませたんですけど、ベェトメディンは飲んだ1時間後にご飯を食べないといけないのです。でも、残念ながら食べてくれませんでした。お腹は空いていて食欲もあるんだけど食べない。流動食、ドライフード、缶フード、豚レバーゆで、牛赤身ゆで、ヤギミルク、ヨーグルト、チーズ、ジーウィピーククィジーン、すべてNG。私が仕事に行ってしまうのをわかっていて、でも、行かせたくないからワガママを言ってみているというところでしょうね。私が仕事に出た後に母があげれば食べるんです。私だって一日中ピピと遊んでいたいけどねぇ、仕事をしないとピピにご飯を食べさせられないですし。。。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-25 10:04 | ピピの病状
d0104851_2347143.jpg

帰りの電車の中のピピです。


22日日曜日にピピの出身団体である二子玉川いぬねこ里親会さんの里親会がありました。久しぶりに顔を見せに行って来ました。保護主のSさんはピピのことをとっても可愛がってくれたそうで、ピピも本当になついています。譲渡してもらってから6年半が経ちましたけど忘れることはないですね。会えて本当に嬉しそうでした。頑張って行って良かったです。

ピピは水曜日からほぼ完全に流動食をシリンジで食べていたのですが、土曜日から少し固形物も食べられるようになっていました。日曜日は疲れるだろうと思い流動食のみにしたのですが、食欲旺盛でよく食べてくれました。そして今日、生馬肉やドライフードをしっかり食べられるようになりました。すごい回復です。やっぱりSさんに会って元気が出てきたんでしょうか?で、流動食は物足りないのかあまり食べなくなってしまいました。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-23 23:45 | ピピの病状

本日のピピ

今日は週に一度の検査の日です。
d0104851_23361492.jpg

血液データはほぼ横ばいの赤血球280、白血球35000でした。薬はフォルテコール、ベェトメディン、ビクタス、プレドニゾロンの4種類で止血剤2種類は無しで様子を見ることになりました。水曜日にかなり苦しそうだった呼吸は少しずつ落ち着いています。体重は5.5kと少し減りましたけど全体的には元気です。
病院からの帰り道、ピピの大好きなコースを歩いて来ました。夏は蚊が多すぎて歩きたくなかったので久しぶりです。嬉しそうに元気よく歩いていました。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-21 23:33 | ピピの病状

順応性の高さはピカイチ

ピピですが本日の朝の段階で流動食をマスターしました。シリンジの先からご飯が出てくることがわかったらしく、鼻先にシリンジを近付けると自分から口を開けます。満足したらプイッと立ち去って行きます。流動食が気に入ったみたいで良かったです。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-19 11:42 | ピピの病状

鼻水?

今日の昼間、ピピの鼻水がひどくて呼吸があまりにも苦しそうだったので、病院に行ってきました。おとといあたりから食事の量が減っていたのも気になっていましたので。
 結果、鼻水ではなく口を閉じていることで唾液が逆流して花に流れてしまっている状態ではないか、とのことでした。特に対処法はないとのことで、様子見となりました。食欲はあるのに食べられないというのがここ数日の状態で、これは腫瘍が大きくなったために食道や口腔内を圧迫してしまい飲み込むのが難しくなってきているようでした。犬自体は食欲があって食べたいのに食べられない、口に入れてもぐもぐしていると鼻が詰まってしまって苦しくなるというちょっとかわいそうな状態にあります。一応、流動食を試してみることにして1缶とそれを食べさせるためのカテーテルチップというシリンジをもらってきました。
 流動食は先ほど試してみましたが、一応まずくはないようで結構すんなり飲み込んでくれましたが、続けて食べさせていると苦しくなってしまうので、量はあまり多くできていません。でも、とりあえず食べてくれるのでこれでいけるところまでやるしかないです。流動食になると誤嚥して肺炎を起こすのが怖いので注意して慎重にあげてくださいと言われました。確かに誤嚥性肺炎は怖いです・・・
[PR]
by chagallsky | 2013-09-18 21:18 | ピピの病状

なんとか維持してます

d0104851_15485532.jpg

ギリギリの大きさの洗面所で毎日首を洗われているピピです。

先週ブログをサボりましたが、ピピは快調に低空飛行しています。14日の血液データでは赤血球285と横ばい、白血球は55000→33000位と少し改善しています。ただ、腫瘍も急激に大きくなっていますので、いいんだか悪いんだか?です。しばらく、血球成分のみの検査だったので何か他の項目も調べてもらおうかと思い、先生に相談したら。「この状態では、悪い数値が出るのは予想できることだけれど、今何か強い症状があるわけではないので調べなくても良いのではないでしょうか。これ以上薬が増えるだけで、現状が良くなる、治療につなげられる検査かどうかと言うと優先順位は低いかなと思います。同じお金をかけるなら、胸部レントゲンを見たいですね。心臓の具合があまり良くないようなので、確認しておきたいです。」とのことで、胸部レントゲンを撮ってもらいました。その結果、心臓の左心室肥大が進んでいて気管を圧迫し始めているようなので、さらに心臓の薬が1種類追加になりました。この薬が効いてくれば呼吸のがゼイゼイしているのが楽になるようなので、うまくいくといいんですけど。ただ、効いて来るまで1週間位かかるようなのでまだ効果はわかりません。この薬、食前1時間前に飲まなければいけないのです。当然、おやつに仕込んだりしちゃダメなのです。そして、飲んだあと長く開きすぎるのもダメらしく、、、結構大変だーって思ったんですけど、意外なことに薬だけでも飲んでくれました。もちろん、強引に口の奥に突っ込み出せないようにマズルを押さえて上を向かせて、飲み込むまで離さないというやり方ですが。なので、順調に薬を飲めています。それだけでも充分ありがたいです。
そんな訳でピピさんはお気楽に病気と共存しています(^^)d
[PR]
by chagallsky | 2013-09-17 15:46 | ピピの病状

お散歩

昨日の夜、いつも通りお散歩に行ったのですが。最近の散歩はピピ任せです。歩きたいだけ歩いたら、さりげなくUターンして家に向かって戻って行きます。昨日は調子が良かったらしく、40分以上歩いていました。短い日は10分ぐらいで終わっちゃいます。まあ40分歩いたといってもせいぜい600メートル位ですが。私がジョギングしたら5分で走れちゃいます。ミラは付き合わされて、ゆっくり歩いていますが、短すぎる時は追加でして回ってきます。

そして、今朝のピピは薬もスムーズに飲んでくれ、さらに快調に茹でたサーモンをパクパク食べてくれました。サーモンもローテーション入り決定です。さらに昨日の夜に届いたジーウィピーククィジーンをおやつとしてあげています。これで、フードに関してはなんとかなりそうです。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-04 10:25 | 犬のこと

今朝のピピ

今朝も薬はうまく飲んでくれまして一安心です。今日の朝食メニューは馬肉のゴートミルク煮です。ミラは大喜びで食べてくれましたが、ピピはお気に召さなかったようでして、ほとんど食べませんでした。まあ、夜に上げれば食べるので、冷蔵庫に直行しましたけど。バターで香りを付ければ食べるかな、、、、さらに工夫が必要ですね。
薬が変わってうまく効いてくれているみたいで出血量がかなり減っています。このまま行ってくれるといいのですが。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-03 09:33 | 犬のこと

一応成功

ピピの薬ですが、粉にしてハチミツを少し加えてペースト状にして唇の内側に塗ると飲んでくれるようになりました。そして、今朝(2日)は朝も食べてくれました。それはピピの大好きなイノシシ缶だから。。。ちょっとお高い缶詰めなんですが、1缶220gで590kcalとかなりのハイカロリーでピピにはちょうどいい感じ。さすがに1缶は多すぎなので半分ずつあげてます。他に好きなものがいくつか見つかるといいんですけど。
ミラは相変わらず食欲旺盛で、何でもガツガツよく食べます。左耳が痒そうだったので朝から耳洗浄されました。ピピも付き合いで洗われました。
[PR]
by chagallsky | 2013-09-03 00:04 | ピピの病状